木造住宅の無料/個別相談はこちら

建築家が家づくりの悩みをサポート

MENU
電話番号

HOME コンセプト

コンセプト

あなたは新居に満足していますか?
答えは・・・約80%が「NO!」

満足度の低い家づくりの問題点

新居に満足していますか

家づくり後にアンケートを取ると、実は80%近くの人が後悔していると答えることはみなさんご存知でしょうか。


特に、住んでみて初めて分かったプランのまずさ、“もっと考えとけばよかった”という後悔、“プロとしてなんで提案してくれなかったの !?”という不満が続出している現実があります。
昔に比べれば、住宅関係の情報はテレビ・インターネットなどで溢れ、技術も向上してきているはずなのにどうして・・・。


私たちは約30年に渡る家づくりに携わってきた経験から、今の家づくりはこのままではいけないと考えています。


しかし、現実には大手メーカーやプレハブメーカーに見られる、似かよったおもしろみのないプランが多く、暗かったり寒かったり、不便だったり収納が足りなかったりと問題点だらけです。


そこで、私たちは


お施主さまが本当に満足する、快適で楽しい生活


を実現するためのお手伝いをしたいと考えています。



こんなことでお悩みではないですか?

あなたは新居に満足していますか?
○良い間取りをつくるため、具体的にどうすればいいのか。
○外観も室内も、どうしたらセンスあるデザインになるのか。
○業者に聞いても売り込みばかり。正しい情報や提案を聞きたい。
○日当り条件が悪くても、明るく開放的なプランはできるのか。
○敷地が狭い。快適で広く、収納も充実のプランができるのか。
○快適な2世帯住宅のため、工夫やアイデアを聞いてみたい。
○いろんなプランを提案されたが、どれが一番いいのか知りたい。
○提案されたプランに魅力無し。もっと夢あるプランを見てみたい。

考えだしたら切りがありません。


しかし、必ず解決策はあります。
不満の多いプランにもその原因が必ずあるように、大満足のプランにするためのノウハウ、
設計上での重要なポイントというものがあります。
そこでそれらを熟知した、プロのサポーターが必要になってくるのです。



明るい日差しの中で、快適で楽しい暮らしを


家づくりで後悔しない

ベストなプランをつくるためには、次の「5つの設計基本計画」 を守る事が重要で、必要不可欠です。

1. 敷地計画 : 正しい敷地調査に基づき、庭も含めた各部屋の配置など基本構想を検討
2. 採光計画 : 周辺建物の高さ、及び各季節・時間毎の太陽(日影)の動きに基づき検討
3. 通風計画 : 夏の風データを基に、直線的に風の通る部屋の配置や窓位置・形状を検討
4. 動線計画 : 家事動線は短く直線的に。2世帯のプライバシー確保や子供動線も検討
5. 収納計画 : 施主様の持ち物リストを作成。収納率や各部屋の分量・収納効率を検討


これらをひとつひとつ丁寧に検討し、ベストな提案・アイデアをプランに組み込んでいくことが必要です。
そしてすべての基本を守りながら、既成概念にとらわれない創意工夫や楽しいアイデアを盛り込んでいくことで、住まいにますます磨きがかかるのです。


心もあたたかくなる暮らしをその結果・・・、
○冬でも明るくあたたかい。光熱費も最小限で経済的
○風通しがよく、さわやかで健康的。室内干しにも効果的
○他人の視線も気にならず、落ち着きと安心の癒しある暮らし
○家事がしやすく便利で機能的。家事のストレスも減少
○子どものしつけや健康管理、父母の世話もしやすいく安心
○2世帯住宅でも快適な毎日。個人と家族の丁度いい関係
○収納たっぷりで、部屋はかたづきいつも広々
○玄関のコート掛けや食品庫、アウトドア用品もバッチリ
○皆がうらやむ素敵な住まい。誇りを感ずる自慢の我が家
○心おどる空間やデザイン。我が家にいるのが一番の癒し


このように、確かなデータ・裏付けにより、当たり外れの無い計画的な家づくりにつながります。
そして機能性だけではなく、住むことを楽しむ、我が家が別荘と呼べるようなリゾート感あふれる夢の住まいとなるのです。



少しでも不安のある方はご相談ください


こんな暮らしがしたい身も心も満足する家づくりのため、大切なことは・・・
「こんな暮らしがしてみたい!こんな家なら毎日が楽しそう !」


という、ご家族の夢や生活スタイルのイメージを描かれ、それを設計士がご家族の一員のごとく、自分の目標として共有することです。


そしてさらに私たちはお施主さまを深く知るために、ご家族の生活習慣やご趣味、奥様の家事のスタイルから持ち込まれたい家具・衣類などの分量まで、詳しくお聞きしています。
それを知らなければ、ご家族のライフスタイルにピッタリと合った、かゆいところに手が届くような住まいは設計できません。


“何LDKで何坪ぐらいでいくら位で・・・”だけのやり取りでは、結果、
「間数や広さは確かに希望どおり。でも、いざ暮らし始めたら何か使いにくい・・・」
ということになってしまいます。


わたしたちは、


”出会った方には必ず満足・感動してもらい、家づくりの成功者となっていただきたい”


そんな想いで日々活動を続け、よって社会にも貢献してまいりたいと思っています。


木造住宅の設計について、お悩み中の方に無料相談・個別相談を承っております tel. 03-5809-2191 お問い合わせ