木造住宅の無料/個別相談はこちら

建築家が家づくりの悩みをサポート

電話番号

HOME 家づくりに大切なのは話し合い

家づくりに大切なのは話し合い

PART.1:プランづくり12箇条/ 
02.優秀な設計者・営業マンは聞き上手/ 

家づくりに際して、住まいの設計とは関係ないことまで聞かれたり、話したりすることはありませんか?
実は、設計者や営業担当者は、あなたやあなたのご家族の行動や趣味、暮らし方、将来の計画など、情報が多ければ多いほど、プランが作りやすくなるのです

優秀な設計者・営業マンは聞き上手

たとえば、ご主人の「週末には時々、私が料理をつくったりします」の一言で、キッチンとダイニングのプランががらりと変わったりします。


最初は、新しい住まいのイメージを固める段階ですから、ご家族全員で夢や希望を出しあってください。
決して互いにけなしたり、否定したりしないで、とにかく話し合うことです。
そして、現状について、設計者や営業担当者にできるだけありのままを話してください。


夢とのギャップがあったり、家族同士の意見が合わなくてもいいのです。
それを踏まえて、設計者や営業担当者はこれまでの経験を通して、ご家族の意見を整理し、ベストのアイデアをイメージとしてまとめます。
ですから、親友に話すような感覚で、フランクになんでも話してください。
優秀な設計者や営業担当者は聞き上手で、きっと耳を傾けてくれるはずです。


おもしろいもので、そうして家族のことや住まいのことをいろいろ話していると、自分自身やご家族のお互い気付かなかった一面を見いだしたりもします。
家づくりは、単にハードウェアとして空間をつくるだけが目的ではなく、住む人々の気持ちも育んでくれるような効果があります。
ですから、そのプロセスでの家族や設計者・営業担当者との話し合いは、とても重要な要因となるのです。


木造住宅の設計について、お悩み中の方に無料相談・個別相談を承っております お問い合わせ お問い合わせ