木造住宅の無料/個別相談はこちら

建築家が家づくりの悩みをサポート

電話番号

HOME 木造住宅 無料相談・無料設計

木造住宅 無料相談・無料設計

“お試しください。
 本物のプロ集団が、あなたにとっての最高のプランをご提案します。”

建築デザイン倶楽部にて、本物の注文住宅・自由設計とは何かをご体感下さい。
経験ある設計士による自由な発想力・斬新な提案力・・・すなわち“鉛筆のチカラ”で、
あなたの明るい未来生活を描いてまいります。



間違いのないプランづくりのポイント
“私達はこんな流れでプランニングを行います。”

4つの敷地調査

あなたの土地は本当に大丈夫?
土地は、一見しただけでは判断できない部分が多々あります。


今すぐ!木造住宅 無料相談・無料設計をご希望の方はこちら!

現地調査

現地調査

1.土地の形と大きさをチェック土地の形と大きさをチェック
土地の形状や大きさについて正確に知ることが住まいの設計を始めるにはまず必要です。


2.上下水道やガス、電気の引き込み状態をチェック上下水道やガス、電気の引き込み状態をチェック
間取りや設備を決めるために、配管や配線の引き込み状態を事前に確認します。


3.土地と道路の高低差をチェック土地と道路の高低差をチェック
高低差は玄関や駐車場位置を決めるのに重要です。
場合によっては地盤改良の必要があることもあります。


4.道路の状態をチェック道路の状態をチェック
敷地のどの方向に道路があるか、交通量や騒音の影響を考えた住まいづくりが必要です。


5.道路の幅をチェック道路の幅をチェック
土地と接する道路幅員により建物の建築できる位置が変わります。
道路幅を正確に計測します。


ポイント
のまとめ
敷地を見る目があればこそ、そこに多くの問題点を発見することが出来ます。
プロの目がしっかりとチェックします。

今すぐ!木造住宅 無料相談・無料設計をご希望の方はこちら!

法規調査

建ぺい率

1.建ぺい率【建ぺい率】
敷地の大きさに対して家が建てられる面積は法律で規制されています。建ペイ率は「住居地域」や「商業地域」など土地の種類で異なります。


道路後退(セットバック)

2.道路後退(セットバック)【道路後退(セットバック)】
全面道路の幅4m未満の場合、道路の中心から2mが道路とみなされその部分には家や塀などの建築はできません。


容積率

3.容積率【容積率】
土地の種類により各階の床面積の合計も規制されています。容積率は吹き抜けのつくり方などにより変わります。


斜線規制

4.斜線規制【斜線規制】
道路斜線規制や北側斜線制限があり、道路や隣家の日照や通風に支障を与えないよう規制されています。


ポイント
のまとめ
法律は表面的に「制約」と捉えれば、守るだけになってしまいますが、
法律には様々な緩和措置もあり、それらを「活かす」という発想も重要です。

今すぐ!木造住宅 無料相談・無料設計をご希望の方はこちら!

環境調査

環境調査

1.土地の方向や日照時間をチェック土地の方向や日照時間をチェック
土地の向きや周辺の建物の影響による日照や通風・採光の状態がどうか確認します。


2.隣の敷地・家の状況をチェック隣の敷地・家の状況をチェック
もし隣接地が空き家の場合、建築物が建ったときのことを考えたプランの検討が必要です。


3.気象条件をチェック気象条件をチェック
雨や雪が降ったらどうなるか、周囲の家の状況や資料を調べ、設計に反映させます。


4.隣家の状況をチェック隣家の状況をチェック
隣家はどのような位置に建っていて、どこに窓やバルコニーがあるか、お互いのプライバシーも両立させた住まいづくりをします。


5.周辺の生活環境をチェック周辺の生活環境をチェック
学校やスーパーなどの施設、人通りの多い少ないなど暮らしやすさや防犯まで考慮にいれて調査します。


ポイント
のまとめ
日差しや風通し、隣家からの視線など、敷地を取り巻く環境は大変重要です。
また、これからの土地をお求めになる場合は、土地そのもの以上に、環境が大切な要素となります。

今すぐ!木造住宅 無料相談・無料設計をご希望の方はこちら!

地盤調査

地震や災害に強い住まいを建てるためには、その基礎となる部分「地盤」の強さを知っておくことが不可欠です。地盤の性質に合わせて、適切な方法で地盤改良を行うため、必ず地盤調査は実施する必要があります。


土地の性質は地盤で決まります

【土地の性質は地盤で決まります】
土地の本当の性質は地盤によって大きく変わります。地震などの瞬間的な災害はもちろん、長い時間の影響を考えなければなりません。軟弱な地盤では、建物全体が均一に沈む地盤沈下や不同沈下を招きます。地盤の状態が把握できれば、その性質に合わせて改良工事をする、杭を打つなどの適切な方法で対応することが出来ます。


スウェーデン式サウンディング試験

【スウェーデン式サウンディング試験】
地下水位や土質などによって地耐力(地盤の強さ)は異なります。宅地の地質調査に実績のあるスウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる方法で敷地全体の地盤強度を測定。これにより、地盤の強さや地下水の水位が把握でき、地盤の状態に合わせた最適な基礎設計が可能となります。


【地盤改良のご提案も】
地盤調査の結果、地耐力が不十分と判明した場合、地盤改良のご提案を行っています。
検査の結果、必要な場合には、セメントを使用して、地盤改良や柱状改良杭等を施工して地盤の強度を高めます。


ポイント
のまとめ
見ただけではわからないのが地盤です。平成12年に「住宅の品質確保等に関する法律(品確法)」がスタートして以来、地盤の強度を確かめて安全を確保するのは、業者側の責任であることが明確になりました。


※調査後、各項目における結果を専門のスタッフがとりまとめ、評価した「敷地調査報告書」「地盤調査報告書」をご提出します。
 敷地の面積や形状、法的規制、近隣の状況など、理想の住まいづくりの第一歩となる詳細データをご説明します。


今すぐ!木造住宅 無料相談・無料設計をご希望の方はこちら!

正しい敷地計画

間違いのないプランづくりの第一歩は“敷地計画から”というのが、健全な建築士の常識です。
良い点はより良くプランに活かし、不足点はプラン力で解決すること、
それが成功へのカギです。
そのために、まずは敷地がどんな性格なのか、幅広く調査することが大前提です。 



正しい敷地計画
正しい敷地計画
●快適生活を脅かす
 周りからの影響は?
 (隣地状況調査)

●隣接建物の窓の位置
 (視線対策)

●隣接建物のエアコン室外機、
 換気扇、トイレ位置等
 (音・臭い対策)

●風の通りはどうか?
 特に夏は?
(主風方向・風速調査)

●空き地の状況と将来予測、
 周辺の景観・景色等
 (環境変化への対策)

●隣地道路の交通量、
 人通り等
(安全・騒音・視線対策)

●日当たりはどうか、
 具体的な影の影響は?
 (日照・日影調査)


今すぐ!木造住宅 無料相談・無料設計をご希望の方はこちら!

ゾーニングによるプランシミュレーション

“家は3回建直さないと、満足できない”と、良く聞きます。
敷地 個々の性格の違い、人様々な新居に対するイメージ・要望、生活習慣、
趣味・嗜好の違いのある中で、最初からワンパターンのプランで突き進むのは危険です。
色々な敷地計画、部屋の配置や日当たり・動線等、
“複数の色々なゾーニング”で生活イメージを疑似体験しながら比較検討し、
後で後悔しないよう、ベストプランへ絞り込んでいきましょう。



ゾーニングによるプランシミュレーション
A1
B
C
A2
AD
(A1)

(B)

(C)

(A2)

(D)



中庭 




中庭 


中庭 

↓
→
←

今すぐ!木造住宅 無料相談・無料設計をご希望の方はこちら!

基本プランの決定

ゾーニングDタイプに基づく第1回提出プランです。
いわゆるコートハウスと言われる中庭型のプランで、プライバシーを確保しながらも冬季であっても充分な日照を得られることが最大のメリットです。
中庭は「アウトドアリビング」と称し、生活にプラスワンルーム的な広がりと、非日常的なリゾート感覚を与えます。


中庭型のプラン 1F  中庭型のプラン 2F ロフト

今すぐ!木造住宅 無料相談・無料設計をご希望の方はこちら!

外観パース

数多くのイメージ別外観集から、御家族皆様の好みをお聞きし、建築デザイナーが一件一件丹精込めて作り上げます。
正に、オンリーワンデザインのあなただけの住まいです。


外観パース
断面計画

南北方向の断面図です。
平面プランだけではイメージしづらい空間構成を確認して頂きます。


断面計画
内観パース

インテリアのイメージ図です。
外観イメージ同様、デザイナーが、全て手描きで大切につくり上げています。


内観パース
設計 基本計画について


採光計画

前述の敷地調査の日影データに基づき、最適な部屋の配置、並びに窓の大きさ、形態の検討を行います。
メインの居室は、当然ながら、水廻りや、玄関・廊下にも、適材適所に明るさを確保します。


採光計画
今すぐ!木造住宅 無料相談・無料設計をご希望の方はこちら!

動線計画

動線計画には、主婦の動きやすさを考えた家事動線、子供の安全管理やしつけの為の供動線、2世帯住宅におけるプライバシー確保の為の家族動線等があり、大変重要な計画です。


動線計画
今すぐ!木造住宅 無料相談・無料設計をご希望の方はこちら!

通風計画

通風計画は、さわやかさ、特に夏の涼しさを確保できるだけでなく、カビ等の発生を抑えるなど、人の健康、家の健康の為にも重要です。
通風経路は、直線を基本とし、特に南北に抜ける通風を優先し、計画します。


通風計画
今すぐ!木造住宅 無料相談・無料設計をご希望の方はこちら!

収納計画

“部屋を広く使いたいなら収納をけちるな”というのが良い設計のセオリーです。
一般的に、床面積に対する収納部分の面積(収納比率)が10%以上は必要と言われています。
広さだけでなく、シューズクローゼット、コート掛か、外部収納、食品等々、適材適所に計画することが必要です。


収納計画
木造住宅 無料相談・無料設計

木造住宅 無料相談・無料設計をご希望の方は、
下記お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。


※プライバシーポリシー
お申込みの前にこちらをお読みいただき、同意の上、お問い合わせください。


木造住宅の設計について、お悩み中の方に無料相談・個別相談を承っております